ワールドダイビングのツアーで沈没船エモンズを探索

沖縄でダイビングを楽しむ人にとっては、1つの目標となっているのが沈没船エモンズです。しかし私の場合にはその存在もあまり知らず、もっぱら沖縄の海の美しさがその魅力であると考えていました。様々な熱帯魚や美しいサンゴ礁などが魅力であると感じており、人工的な沈没船などはあまり興味がなかったと言うのが正直なところです。しかし友人から誘われワールドダイビングのツアーに参加したことで、このような沈没船の探索も非常に興味深いものであることを知りました。

エモンズは第二次世界大戦中に活躍した米国の駆逐艦であり、日本の特攻攻撃を受けて沈没したと言われています。実際には日本軍の手に渡ることを恐れて米軍自ら沈没させたと言う話もありますが、いずれにしを長く海底に眠っていたものとなっていました。その存在が発見されたのは2000年と言うことであり、海上に油が浮いてくることを地元の漁師が発見し、その存在が明らかになったのだと言われています。現在では調査も完了し沖縄のダイビングの観光スポットと非常に有名となっており、様々な当時の装備やその機能などを見ることができます。

沈没船エモンズの特徴は駆逐艦であるとともに掃海艇でもあったため、様々な当時のアメリカ軍の技術や装備を確認することができる点にあります。これはダイビングが好きな人と言うより、様々な当時の戦艦マニアにとっては垂涎のものとなっているのが特徴です。特に現場には様々な武器なども現存しているため、地上ではなかなか見ることができないものを当時の状況のまま知ることができます。
ただしエモンズが沈んでいる場所は潮の流れも比較的速く、自分たちだけで行くには様々な危険が伴うものであることを感じました。またエモンズは比較的その船体が大きいため、1度のアタックでは全てを見ることができずまた何かで迷子になってしまった場合には最悪の事態も想定しなければならないので、事前の準備も十分に必要となります。今回はワールドダイビングのツアーで参加をしたのですが、ガイドが非常に優秀で適切な指示をしてくれたため、安心してじっくりと観察をすることができました。

今回の経験で沈没船など人工物の探索も非常に面白いものだということがわかり、また機会があれば参加したいと思っています。また今回はワールドダイビングの優秀なガイドのおかげで効率的に全体をくまなく見ることができ、非常に満足できるものとなりました。

エモンズ(uss emmons) 沖縄の沈没船