ワールドダイビング・恩納村ダイビングショップ

ワールドダイビングは、恩納村ダイビングショップの一つです。恩納村沖縄本島のほぼ中央部に位置する村で、沖縄本島だけでなく日本屈指のリゾート地でも有名な場所です。近隣には有名なリゾートホテルが点在しているので、沖縄本島に訪れたことがある人なども恩納村まで出向いた経験を持つ人も多いのではないでしょうか。自分とスキューバダイビングとの出会いは10代の頃で、当時は黒のウェットスーツといった具合に現在のものとは全く異なるオシャレなどとは程遠いスポーツでした。しかし、時代が変わるとダイビングは趣味の領域となりカラフルなウェットスーツや安価な器材が登場するなどダイビングの人口は急増しました。

ライセンスを取得した頃は頻繁にダイビングに出掛けることもありましたが、沖縄のような透明度の高い海ではなく主に東京湾や相模湾などのような海で楽しんでいましたので、透明度がある海で潜ったときのギャップは大きなものになりました。恩納村ダイビングショップは色々なお店があるのは、ここがダイビングのメッカになるためでショップはそれぞれファインダイビングのコースプランを用意していて、それぞれに得意な海域を持つのが特徴です。地元の人の案内がなければ本当のダイビングの魅力を得ることができない、これは海はとても広い領域であり短時間で素敵な場所を見つけるためにはその海を熟知しているスタッフの力が欠かせません。

しかも、ワールドダイビングは様々なコースを用意していますし、これはダイビングライセンスを持っている人が参加できるファンダイビングだけでなくライセンスがない人も参加できる体験ダイビングにおいても同じです。そのため、何をしたいのかだけでなくどのような海に潜りたいのか希望に合うプランを提供しているなどの特徴があります。恩納村から車で約60分の場所にある小島に古宇利島があるのですが、ここは橋で陸地と繋がっているのでアクセス良好です。この島から船で約20分の場所には水深約40mの位置にUSSエモンズと呼ぶ沈没船があり、これもダイビングスポットの一つになっています。この沈没船のUSSエモンズは、第二次世界大戦末期に古宇利島沖で日本軍の特攻機に攻撃された、秘密漏洩を防止する目的で米軍自らの沈められたなどの歴史があるといいます。現在は老朽化が進んでいるけれども原形をとどめているなどからも、興味がある人は早めに参加されると良いでしょう。

恩納村のダイビングライセンス ワールドダイビング